【ShopifyAPP】
受注管理アプリ、
Uchuya Order Manager
の使い方
インストールはこちら
受注管理 uchuya order managerのタイトルバナー

トランスコスモス技術研究所でリリースしているShopifyAPP、「Uchuya Order Manager」。
Shopifyアプリは非常に便利ですが、まだまだ英語対応のみのアプリも多いのが現状です。
そこで、日本のShopifyサイトオーナーの皆様に使っていただきたいという想いの元、
本アプリ「Uchuya Order Manager」の使い方をご案内します。

概要アイコン

概要

Uchuya order Manager の概要をまとめています

受注ステータスアイコン

受注ステータスの移動

受注ステータス移動の方法をお伝えします。

不正注文アイコン

不正注文とは

不正注文の注意点についてお伝えします。

処理済みアイコン

発送済み未入金と処理済み

「発送済み未入金」と「処理済み」に違いをお伝えします。

追跡番号(送り状番号)アイコン

追跡番号(送り状番号)の入力

追跡番号の入力の方法をお伝えします。

納品書アイコン

納品書設定

納品書の設定と出力方法をお伝えします。

概要

 

日々新たな注文が入るECサイト。

各オーダーに対して、「新規注文」「発送待ち」「予約販売」といった風に、「オーダーステータス」で管理したい、
という要望は多いのではないでしょうか?

特に複数人でオーダー・受注処理をする場合、誰がどこまで処理しているか、一目で見てわかると管理しやすいでしょう。

 

一方で、Shopifyのデフォルト設定での注文管理画面は下記のように構成されており、注文ステータスでは分類されていません。

 

Shopifyの注文管理画面

 

そこで、Uchuya Order Managerでは以上のことを可能にしました。

 

・注文情報を受注ステータスごとに管

・不正注文をステータス管理

・配送の追跡番号を入力し、発送完了メールを送信

・納品書を設定し、PDFで出力

 

Uchuya Order Manager受注管理画面

 

これは、長年EC運営を経験してきている弊社の経験から生まれたものであり、
1日に多くの受注処理する時間を少しでも短縮して、店舗運営に活かしてもらいたい想いから開発しました。



次のセクション以降で、実際の「Uchuya Order Manager」の画面遷移と活用方法をお伝えします。

 

 

 

受注ステータスの移動

 

ここでは受注ステータスの移動についてお伝えします。



① まずShopifyアプリストアから、Uchuya Order Managerをインストールします。

 

 

Uchuya Order Managerインストール画面

 


② インストールすると、アプリ管理にUchuya Order Managerが表示されますので、開いてください。
  すると、未処理の受注がすべて、オーダーステータス【新規注文】に自動で取り込まれます。

 

Uchuya Order Manager新規注文画面

 

 

③ 今回は、注文番号「1015」「1016」を【発送待ち】へ、「1013」「1014」を【保留】へ、
  「1021」を後から思い出したので発送待ちへ、それぞれステータス移動してみましょう。
  

 まず「全件」から移動したい注文にチェックをし、移動したいステータスをクリックします。

 

Uchuya Order Manager新規注文画面チェック

 

④ すると、「新規注文」から「1015」「1016」が非表示になります。これでオーダーステータスの変更が成功です。

  同じ要領で「1013」「1014」を【保留】に、「1021」は代引きなので、発送の準備をするため【発送待ち】へ移動させます。

  移動させると、それぞれの受注ステータスで以下のように表示されます。



【新規注文】


Uchuya Order Manager新規注文画面の処理完了画面

 

【発送待ち】 

 

Uchuya Order Manager発送待ち画面

 

【保留】

 

Uchuya Order Manager保留画面

 

このような形で、一覧で表示されていたオーダーを、選択したステータスごとに表示することが可能です。


「発送待ち」ステータスについては、商品をピッキングし、振込が入るまでは「保留」ステータスにしておくなどして、
入金確認次第、「発送待ち」へ移動するなど、オペレーションで対応しましょう。


これにより、1日中ずっと受注を見ておく必要も無くなるかもしれません。

例えば、朝出社したらまずこの処理を行い、ピッキング・梱包・発送手配を行い、
ある程度落ち着いた15時くらいで再度行うなど、業務フローの改善や同じ注文を複数人で処理するといったヒューマンエラーも改善できます。

また、「全件」をクリックすると、全ての件数に✔が入りますので、ステータス移動もしやすくしています。


ちなみに弊社では、1日300件の受注を上記のような手順で処理しています。
※ただし、本アプリでは現状最大250件までしか取り込めないため、今後アップデートする予定



以上が、Uchuya Order Managerで可能になる「受注ステータス移動」についてです。

 

 

不正注文とは

 

続いて、「不正注文」についてお伝えします。


Uchuya Order Managerを見ると、【不正注文】というステータスがあります。
これはどのような用途で使うのでしょうか?

 

「不正注文」とは、例えばカード決済のオーソリNGとなり、決済方法の変更を連絡しても注文変更してくれないユーザーなど、
「怪しいな」と感じるユーザーを管理するために使用します。これにより、発送後に入金がなく損をするということが防げます。

 

① まず怪しいなと思った注文に対してチェックを入れ、「不正注文」に移動させます。

  ここでは例として、注文番号1024に対して不正の危険性があるとします。

  1024にチェックを入れ、【不正注文】に移動させます。

 

Uchuya Order Manager不正注文画面

 

② 該当オーダーが「不正注文」に移動されますが、ここで一点確認です。

  さきほど「新規注文」にあった1023の注文番号も「不正注文」に移動されているのがわかります。

  これは、同じ注文者のため、どちらの注文も怪しい可能性があるためです。

 「不正注文」はユーザー情報でタグ付けしています。

 

Uchuya Order Managerユーザー情報認識

 

③ また「不正注文」にいるユーザーが他の注文をしてきた場合も、いきなり「不正注文」に入ります。
  これで、不正注文を予防することができます。(ブラックリスト化)

 

Uchuya Order Managerブラックリスト化

 

ただし、既に処理済みをした注文は「不正注文」には戻せませんので、ご注意ください。

 

④ また、【不正注文】の疑いがありましたが、問題の無いお客様だった場合、ステータスの移動も可能です。


  例えば注文番号1024のお客様がその後カード決済を実施。直ちに発送待ちへ移動したい場合は、

  チェックを入れ「発送待ちへ」をクリックします。

 

Uchuya Order Manager発送待ちステータス移動

 

⑤ すると、②でお伝えしたようにユーザー情報で不正注文を判定していますので、
  このお客さんの他の注文情報も元のステータスに戻ります。その後は通常の作業をしていただければ問題ありません。
  1024のお客さんは1023・1013の注文もしていたので、元のステータスに戻りました。

 

Uchuya Order Manager不正注文空画面

 

不正注文のステータスを活用すると、未然に不正注文を防ぐだけでなく、さらに注文をしてきた場合も、
見分けがつきやすくなります。万が一不正なユーザーだった場合、ブラックリストとして登録しておけます。

 

以上、不正注文についてご説明しました。

 

 

 

発送済み未入金と処理済み

 

続いても、気になるステータス「発送済み未入金」

このステータスはどのようなものでしょう? 発送はしているので、「処理済み」ということでしょうか?

 

例えば代引き決済の場合、発送が完了し、ユーザーが商品を受け取った後、初めて入金されます。

このステータスが「発送済み未入金」となります。

 

入金の処理が完了してようやく「処理済み」となります。


① 今回は代引き発送が完了して、お客さんが商品を受け取り、入金した後の処理を行います。
  まず受注ステータスの「発送済み未入金」にある注文を✔し、「支払い状況を入金済みへする」をクリックしてください。

 

Uchuya Order Manager発送済み未入金

 

② すると、入金の処理がされ、【処理済み*発送済で入金済】にステータスが移動されます。
  これで代引きの受注・発送作業は完了です。

 

Uchuya Order Manager処理済み

 

この「入金済にする」ボタンは他のステータスにもありますので、銀行振込後の入金処理にもお使いいただけます。


そして、入金処理後「発送待ち」ステータスに移動することで、通常発送と同じように扱うことが可能です。

 

以上、ステータス【発送済み未入金】と、その処理方法でした。

 

 

 

追跡番号(送り状番号)の入力

 

さて、受注ステータスの移動についてはご理解頂いたかと思いますので、その他の設定をお伝えします。


ここではユーザーが配送状況を確認できる「追跡番号(送り状番号)」の入力方法と、

発送処理をしてユーザーに「発送完了メールを送信する」方法をお伝えします。

 

① まず発送準備が整ったら、配送会社の送り状番号(追跡番号)を入力します。


  注文番号の右側の「発送」をクリックすると、「発送管理」がポップアップ表示されますので、
  倉庫・配送会社・追跡番号(送り状番号)を入力します。

  また、発送手配完了メールを自動送信したい場合は左下を✔してください。
  

  最後に「発送」をクリックします。

 

Uchuya Order Manager送り状番号入力画面

 

② 「発送」をクリックしますと、【処理済み*発送済で入金済】にステータスが移動されます。

  これで完了です。
  

  自動送信されたメールについてはShopifyの設定から変更可能です。

 

  Shopify メニューの【設定>通知>配送確認】にて設定された内容が送信されますので、適宜テキストは設定ください。


  また、追跡番号(送り状番号)は、メールの「ご注文を見る」をクリックすると、遷移するチェックアウトページに表示されます。

 

Uchuya Order Manager受注処理済み画面

 

*発送完了メールサンプルと追跡番号(送り状番号)の表示箇所

 

Uchuya Order Manager発送完了メールサンプル画面 Uchuya Order Manager注文画面

 

「一括で追跡番号(送り状番号)を入力したい!」という方もいるかと思います。


そんな方は、ぜひ【Uchuya Shipping Cooparation】をインストールし、ご活用ください。

こちらのアプリで対応可能です。

 

以上が、追跡番号(送り状番号)の入力方法と発送完了メール送信の方法でした。

 

 

納品書設定

 

最後に、「お客さんから納品書が欲しい」「配送物に納品書を入れておきたい」そんなご要望をいただいたことはありませんか?


ですが、Shopifyでは納品書の発行がありません。(これは海外は納品書発行という文化がないのかもしれませんね)

日本でもペーパーレス化が進んでいますが、実際の店舗でも「納品書が欲しい」といった問い合わせをもらったことがあると思います。

Uchuya Order Managerではそんな声に応えるべく、納品書をカスタマイズし、PDFで出力できるようにしました。
設定と出力方法についてお伝えします。

 

① まず納品書の設定をします。アプリの「納品書設定」から「新しいテンプレート追加」をクリックしましょう。

 

Uchuya Order Manager納品書設定画面

 

② 次にテンプレートの文言を設定します。ここでは「納品書1(テスト」にて作成しています。

 

Uchuya Order Manager納品書テンプレート

 

③ テンプレートを作成したら、どれにするかを選択します。右上の選択枠で「納品書1(テスト」を選び、
  「このテンプレートを使用」をクリックします。これで設定は完了です。

 

Uchuya Order Manager納品書選択

 

④ あとは、納品書を出したい受注番号を✔して、「納品書出力」をクリックします。
  納品書の出力サンプルは以下になります。

 

Uchuya Order Manager納品書出力

 

*納品書出力サンプル

 

Uchuya Order Manager納品書サンプル

 

納品書はPDFで出力できますので、梱包に同封するのも良し、ご希望のお客さんにメールで添付するのも良し、お好きなようにお使いください。

ただし、変更箇所は文言テキストのみとなり、レイアウトは変更できませんので、ご了承ください。

以上、納品書の設定でした。

 

 

 

まとめ

Uchuya Order Managerはいかがでしたでしょうか。
ステータスの追加は出来ませんが、使わないステータスで代用することも活用の一つです。
(例えば、店舗では予約商品を取り扱っていないので代わりに代引き注文用に使うetc)

7日間の無料トライアルがございますので、
是非インストールしてみてください。

ShopifyAPP 「Uchuya order Manager」のインストールはこちら

トランスコスモス技術研究所では、Shopifyではeコマースにおけるサービス提供基盤とし、
アプリ開発パートナーとして企業のニーズに合わせた様々なShopifyアプリケーションやデザインテーマの開発、
同時に販売パートナーとして企業に対する導入支援および導入後支援を提供しています。

 

インストール